尿路結石

尿路結石について

突然の激痛で発症する尿路結石症。三大激痛の一つとも言われています。ここでは、尿路結石症について解説します。

尿路結石とは

体の日々作られる老廃物は腎臓でこしだしで尿にして排泄されます。尿には老廃物がいっぱい含まれているので、その老廃物が沈殿して結石になります。細かく言うと、石になる物質をマトリックスというたんぱく質がくっつけて塊を作っていきます。多くは腎臓の中の腎盂腎杯という尿を集めるスペースで作られ、大きく成長します。そしてある日、この石が転がり出て膀胱まで尿を送る尿管という細い管に詰まります。この時に激烈な痛みが発生するのです。これは、尿管結石といわれています。ほかにも尿路結石には、腎結石、膀胱結石、尿道結石があります。

症状について

尿路結石症でもっともつらいのは尿管結石です。尿管に結石が落ち込むと尿管が痙攣して結石を締め付けるように動きます。すると腎臓からの尿の流れが止められてしまい、腎臓がパンパンに腫れてしまいます。この時の腎臓で生じる痛みが「地獄の痛み」となるのです。尿管の痙攣が落ち着くとひとまず痛みは楽になりますが、結石が動いてまた尿管が痙攣すると痛みがぶり返します。結石は尿管から膀胱に向かって徐々に下降していきます。それにつれて、痛みの質が変わってきます。はじめは激痛だったものが、徐々に鈍い痛みが下腹部に移動していきます。そして、膀胱に近づくと膀胱の症状が出始めます。たとえば、残尿感や頻尿です。そして膀胱に落ちると、何事もなかったかのように症状は消えてしまいます。

検査について

尿路結石症が疑われた時、どのような検査が必要なのでしょうか。まずは超音波検査です。これは、お腹にゼリーを塗って腎臓から膀胱、時には尿道までを画像に映し出す検査です。全く痛みのない検査で、さらに無害です。そして、得られる情報は非常に多く、泌尿器科では必須の検査になります。そして、レントゲン検査で、結石の大きさや位置を確認します。場合によってはCT検査を行うこともあります。また、尿検査で血尿や感染の有無を確認します。どれも痛みのない検査ですので、ご安心ください。

治療法

治療法は、結石の大きさや位置、性状によって異なります。よく、「溶ける薬ください」といわれますが、基本的にレントゲンに写る結石は溶けません。溶ける薬はないので、がんばって出すしかありません。まずは痛みの発作を抑えるために、尿管の痙攣を抑える薬を使います。痛みの発作が起きているときには痛み止めの座薬が最も効果的です。これは痛みを和らげる作用とともに尿管の痙攣を緩める効果もあるからで、点滴や注射よりも効果があります。小さな結石は排石を促す薬剤を飲んでいただきます。しかし、大きな結石やなかなか動かない引っかかってしまっているようなものは手術治療になります。手術は、多くの施設で日帰りで行っている体外衝撃波結石破砕術(ESWL)、細い内視鏡を用いて直接結石をレーザーで砕くf-TULなどがあります。 

再発の予防

尿路結石所は60%の人が再発するといわれています。再発を予防することがとても重要です。結石は尿が濃くなって腎臓の中で停滞することが大きな要因です。ですから、普段から水分を多めにとることと、腎臓内の尿を拡販するために運動を積極的に行ってください。食事では、カルシウムを積極的にとるよう心掛けてください。これは、尿路結石になる原因のシュウ酸が体に吸収される前にカルシウムと結合させて吸収を抑えるためです。また、クエン酸にも結石の発生を抑制する効果があるといわれています。
馬車道さくらクリニックでは、超音波検査、レントゲン検査、尿検査と結石の診断治療、再発予防、フォローアップまで責任をもって対処いたします。結石が疑わしいときや心配な時にはお気軽に受診してください。

ご相談はお気軽に

泌尿器、皮膚科、内科のことでお悩みでしたら、横浜市にある馬車道さくらクリニックまで、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL:045-201-9510
contact_tel_sp.png
医療コラム いきいき健康相談会