医療コラム

2017.06.22更新

A1.寒くなると、肌が乾燥し粉が吹いたようになる方、軟膏をつけてもすぐにぶり返しす方は、皮脂欠乏症(乾皮症)と思われます。乾皮症は、皮膚の表面の脂(あぶら)が減少することにより皮膚の水分が減少して、乾燥を生じてしまう病気です。
皮膚は薄い皮脂膜と呼ばれる脂の膜でおおわれていて、皮膚の潤いを保っています。この脂は年齢とともに減っていくことがわかっています。皮脂膜が薄くなると、角質層と呼ばれる表面の層がはがれてきます。すると、皮膚の奥の部分が露出して炎症を起こしたり、ひどいと湿疹になって、痛みやかゆみを感じたりするのです。そこを掻いてしまうと、さらに角質層がはがれて余計に症状が悪化してしまい、悪循環に陥ります。

・皮脂欠乏症(乾皮症)の治療
まずは失った脂分を補充するために、保湿クリームを欠かさずに使用します。できれば、1日2回、少なくとも入浴後の肌がしっとりしている間にくまなく塗るようにしましょう。
部屋の乾燥にも注意してください。お肌は清潔を保つようにしていただきたいのですが、入浴時には低刺激性の石鹸で優しく洗うように心がけてください。ナイロンタオルでゴシゴシ洗うと気持ちがいいのですが、大切な角質層がはがれてしまいますので、ゴシゴシは禁物です。
炎症を起こしてしまった部分は、しっかりと治療することが大切です。集中的に炎症を抑える塗り薬を皮膚の深くまで届くように使用します。よく使われるのが、ステロイド軟膏です。ステロイド軟膏と聞くと、副作用があって恐いという方がいらっしゃいますが、それは誤った認識です。よほど長期にわたり広範囲に使用しない限り、全身に及ぼす影響はないことがわかっています。ですから、まずはしっかりと適切にステロイド軟膏を使用して炎症を完全に抑え込むことが大切です。
保湿クリームや軟膏は保険適用で処方できますので、お気軽にご相談ください。

投稿者: 馬車道さくらクリニック

ご相談はお気軽に

泌尿器、皮膚科、内科のことでお悩みでしたら、横浜市にある馬車道さくらクリニックまで、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL:045-201-9510
contact_tel_sp.png
医療コラム いきいき健康相談会